健康管理、適性診断、アルコールチェック

健康診断

健康診断、SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査と検査結果による治療の推進、ストレスチェック等の実施により乗務員の健康管理に努めています。

運転適性診断

乗務員は、計画的・定期的に運転適性診断を受診しています。また、この受診結果(運転特性)に基づいて、運行管理者による指導を行い安全運行に努めています。

点呼とアルコールチェック

  • 乗務員は、運行の前後に必ず運行管理者(補助者)による点呼を受けます。点呼では、当日の運行内容、注意事項等の指示を行い、また、乗務員の健康状態を確認します。また、運行管理者(補助者)は、バス運行中は必ず所管営業所に常駐し、運行の把握・確認を行っています。
  • 乗務員は、点呼時に必ずアルコールチェックを行い、運行管理者(補助者)がチェック内容を確認後に当日の運行を行います。

労使一体の事故防止の取り組み

当社では、幹部職員と乗務員の代表による職場事故防止委員会を設置しています。委員会は3ヶ月毎に開催し、事故原因の把握・類似事故再発防止策の樹立と推進を図り、事故の未然防止に努めています。

無事故表彰制度

「輸送の安全確保が最も重要」との考えから、公共交通事業に携わる乗務員の模範として運転無事故表彰制度を設けています。毎年、会社創立記念日に表彰式を執り行ない、役員・部課長の出席のもと、社長より直接、賞状・記念品が授与され、その栄誉を称えています。

交通安全とバス乗り方教室

小学生を対象とした交通安全とバス乗り方教室を、沿線自治体・所管警察署と共同で開催し、バスの基本的な乗り方・車内でのマナー、交通安全と事故防止について行っています。