ニュースリリース

4月から中心市街地循環バス「ぐるりん号」の運行ルートが変わります。

平素は長電バスをご利用いただきましてありがとうございます。

中心市街地循環バス「ぐるりん号」は、長野駅から善光寺大門までのエリアを循環するバスです。

平成12年4月の運行開始から現在のルートで運行してきましたが、より分かりやすいルートでの運行や東西方向への移動のしやすさの向上、民間路線バスとの役割分担などを目的に、平成31年4月1日から運行ルートを変更します。

20年目の運行を迎える「ぐるりん号」を、ぜひご利用ください。

「ぐるりん号」の変更内容及び変更後の運行ルート.pdf

「ぐるりん号」のルート変更後の時刻表.pdf

※運賃(おとな150円、小学生以下80円)に変更はありません。

【変更となる点】

~停留所~

・中央通りの運行をやめ、外周のみを左回り(反時計回り)で運行します。(1周約30分)

・岡田町南交差点(バスターミナルの北)を左折します。

※中央通りのバスの利用は、5分~10分おきに運行している路線バスをご利用ください。

~運行時間~

・長野駅の始発時間を、午前8時35分から午前9時35分へ1時間遅らせます。

・長野駅の終発時間を、午後7時20分から午後6時50分へ30分早めます。

※運行間隔(15分間隔)に変更はありません。

※県庁・信大方面へは、8時台と9時台にアルピコ交通株式会社の合同庁舎線が増便されます。

~終点「長野駅」で無料で乗継ぎが出来ます~

・「長野駅」が終点です。引き続き「ぐるりん号」を利用する場合は、20分以内に限り、無料で乗り継ぎができます。

・降車時に「乗継券」を発行しますので、利用する人は乗務員へお知らせください。

・乗り継ぎの際は、ICカード「KURURU(くるる)」を使用せず乗車し、降車時に乗継券を運賃ボックスへ入れてください。

※平成31年3月31日までの「ぐるりん号」の運行内容につきましては、こちらをご覧ください。